糖質と糖類の関係をおさらいしましょう!

糖質と糖類の違い、はっきりと区別できていますか?

巷ではお馴染みとなったキーワードですが、皆さんもう一度おさらいしておきましょう!

今日は、昨日デッドリフトで210kg(トップサイドです)を引けて久々記録更新のカズです^_^

最近では糖類ゼロや糖質ゼロと書かれてある商品が結構目につく様になってきましたよね!

僕たちトレーナーも生徒様にお食事指導を毎日していますので糖質ゼロや糖類ゼロ、プロテインチップスやプロテインパンケーキ、シロップなどのお菓子の代用食品が増えることはとても嬉しいですし、ダイエットやボディメイクをする上で前みたいに我慢しなくてもいいので気持ちが楽ですね!

さて、ゼロって書かれているから気にせず買っていますが、実はイマイチこの2つの違いが分かってないって方もいらっしゃるのではないですか?今更周りにも聞けないですし、意外とフレイムの生徒様でも”あれ、どっちがどっちだったっけ??“と言う方もちらほらいらっしゃいました。

少し前に僕自身も糖質ゼロ!プリン体ゼロ!〜ゼロ!と書かれてあってよく見ずにノンアルコールビールだと思って飲んでいたらなんか顔が赤くなってきたのでよく見たらアルコールはしっかり入っていたということがありました(笑)

では、早速今日もお勉強しましょう!

まずは、炭水化物 = 繊維 + 糖質 でしたね!

炭水化物として想像しやすいものとして、ご飯や、パン、麺類などの穀類、フルーツでしょうかね^_^
これらはそれぞれの繊維質の量や糖質の量などの比率に違いがありますが栄養素として炭水化物を多く含むものと分類されています。

もちろん、これら穀類や果物もタンパク質や脂質を含んでいますが、肉などに比べて含まれる量がかなり少ないのであまり重要視されません。ビタミンやミネラルなどの微量栄養素は3大栄養素に含まれませんので今は省いて考えています。

そして、この”糖質”が今日の主役です。

糖質は糖類を含んでいます。糖質の中に糖類というカテゴリーが存在し、糖類はブドウ糖や果糖などの単糖類と、砂糖や乳頭などの二糖類の事を言います。

糖類に含まれない糖質としては、デンプンやオリゴ糖などの多糖類、キシリトールやエリスリトールなどの糖アルコール、アセスルファムやアスパムテールなど。

糖類である単糖類や二糖類は分子構造が単純なため体への吸収が早くすばやく血中に取り込まれ、エネルギーへなりやすい半面、血糖値を上げやすくインスリンの分泌を促しやすく脂肪にも溜め込まれやすい物質です。

糖類を含まない糖質、特にオリゴ糖やキシリトールなどはインスリンを必要としない代謝系エネルギーで、吸収も緩やかで血糖値の上昇も抑えられるので甘味料としては優秀ですし、糖尿病などの疾患のある方でも安心して摂取できます。

僕の考えですが、糖類を含まない糖質は味覚として舌で”甘い”と感じているので脳は習慣的反応としてインスリンの放出は行なっていると思います、ですが、脂肪へ引き込まれる糖類が存在しないので脂肪への蓄積が起こらないのではと考えています。

少し、内容が難しくなってきたので今日はこの辺にしましょう^_^

なんとなく炭水化物、糖質と糖類の関係や違いは解っているつもりでも深く、深ーく振り下げて調べてみるととても興味深く楽しいですよね….(笑)

僕はこういうリサーチが好きなのでとても楽しいと思えるのですが….^_^

皆様も気になったことや興味のあることは深く掘り下げて調べてみましょう!新しい発見があるととても嬉しいですし、たまに自慢できたりしますよ!^_^

ダイエット中の皆様は今日からスーパーに行ったら成分表示をチェックしてみてくださいね!
炭水化物の下に繊維量と糖質の量が書かれてあります。そして、品質表示のところに糖質としてキシリトール、オリゴ糖を使用、と書かれてある商品を選ぶようにしましょうね!

今日も長くお付き合いいただきありがとうございます。