Image Alt
  /  トレーニング   /  間違ったトレーニング方法の恐ろしい効果
女性専門で安心

間違ったトレーニング方法の恐ろしい効果

トレーニングすればするほど筋肉が細くなる!間違ったトレーニング方法の恐ろしい効果

皆さんこんにちは、お元気ですか?

7秒シェイプワークアウト トレーナーのカズです!

今日は皆さんに”トレーニングすればするほど筋肉が細くなる!間違ったトレーニング方法の恐ろしい効果“と題しまして、間違ったトレーニングの効果と作用についてお話しさせていただきたいと思います

皆さんは女性であればスッキリと縦にラインの入ったくびれたウエストと腹筋、男性であればたくましいシックスパックを欲しいとは思いませんか?

ではこの美しいボディラインを獲得するにはどういう運動がどのくらいの量、どのくらいの頻度で必要かお分かりでしょうか?

毎日腹筋を100回やればいいんじゃないの……?

そう思った皆さん、”そのトレーニングは完全に間違っています“このトレーニングで得られるのは忍耐力だけなんです(^-^)

 

筋肉を鍛えたいのに逆に貧弱な体つきになってしまう理由

なぜでしょう?

前回もお話ししましたが運動により筋肉を疲労させている間、人間の体はそのエネルギーを作り出すために体に蓄積されている糖質を燃やしながら体を動かしています、1回のトレーニング(1セットと言います)で60秒を越えた辺りから人間の体は無酸素運動から有酸素運動へと切り替わります、これは速筋である白色筋肉群が最大で60秒くらいしか最大筋力を発揮できないためです

 

そうすると今度はエネルギーを確保するために自分の筋肉を分解してアミノ酸へ変換しエネルギーを捻出しようとする異化作用が起きてしまいます、この結果100回というワークアウトを終了するまでの長い時間の中でかなりの異化作用が進んでしまうわけなんです。

筋肉を鍛えて大きくしたいのに逆に異化作用により分解されて結果前よりも貧弱な体つきになってしまう….
こんな恐いことないですよね(T_T)

 

筋トレとは科学変化であり根性や忍耐ではない

昔から体を鍛えたければ腹筋を毎日100回とかうさぎとびを階段2往復とか言ってませんでした?(笑)

あれは運動能力を向上させる目的としては完全に間違った方法だったんですね!

筋トレとは科学変化であり根性や忍耐ではないんですね。

 

最新のワークアウト理論に沿って合理的にいかに短時間で最大の効果を得られるかということがワークアウトのスタンダードです。

パーソナルトレーニングで、パーソナルトレーナーから指導を受けることで、
ダイエットやボディメイクが成功できる理由は、ワークアウト理論に基づいているからなのです。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます(^-^)