Image Alt
  /  ダイエット情報   /  綺麗な身体作りに必要な栄養素

綺麗な身体作りに必要な栄養素

こんにちは!

宜野湾店トレーナーの小林です(^^)/

 

3月ということで、沖縄はもうすっかり春ですね!

日中は太陽の日差しに涼しい風と、過ごしやすい季節になりました。

最近は目標達成して卒業される生徒さんが多く、寂しい気持ちもありますが、、

目標達成後の自信に満ち溢れた表情を見るととても嬉しく感じます^ ^

 

 

今日は、テレビで「これを摂ると痩せる!」

と紹介されて話題になっている ある栄養素について書きたいと思います。

 

「綺麗な身体づくりに必要な栄養素」というタイトルの通り、

綺麗な人は必ずしも意識して摂っているもの・・・

それは たんぱく質です。

 

まず、たんぱく質とは何かについて説明します。

たんぱく質は、人間の身体をつくる

三大栄養素」たんぱく質・炭水化物・脂質 のひとつです。

 

たんぱく質主な役割というのは3つあります。

 

➀筋肉や臓器になる

→たんぱく質は骨・筋肉・臓器など体の主成分で、体重の約20%を占めています(約60%は水分)

たんぱく質を意識して摂るようになってから、

髪や肌・爪などが綺麗になった という効果を感じる生徒さんも多くいらっしゃいます。

女性にとってすごく嬉しい効果ですよね(^^♪

 

➁酵素やホルモンになる

→酵素やホルモンは、体内の代謝や生体反応の調節に不可欠な物質です。

たんぱく質が不足すると酵素やホルモンが生成できないため、生命活動が維持できなくなってしまいます。

 

③物質運搬や情報伝達

→たんぱく質は全身に酸素を運ぶヘモグロビンなどの血液成分や、神経伝達物質の一部、

遺伝子や免疫物質などの主成分でもあります。

このことから、体内で起こる化学反応にもたんぱく質は不可欠なのです!

 

次に、たんぱく質の摂取目安量について説明します。

1日に必要なたんぱく質量は人によって異なります

 

↓の式で簡単に計算できるので、

自分の体重を当てはめて計算してみてください(^^)/

 

<1日あたりのたんぱく質摂取目安量の計算式>

体重(kg) × 1.5(g) = たんぱく質量(g)

*例:体重50kgの場合

50(kg) × 1.5(g) = 75g

 

となるので、体重50kgの方は1日にたんぱく質を75g摂る必要があるといえます。

なので女性は大体、1食につき25g摂るのが理想です!!

 

ここで質問です!

皆さんは↑で出したたんぱく質量をしっかり摂れていますでしょうか?

まず、どの食材にどれくらいのたんぱく質が入っているのか説明していきますね

・鶏むね肉(100g)・・・23.3g

・豚ロース(100g)・・・22.7g

・牛もも(100g)・・・21.3g

・紅鮭(100g)・・・22.5g

・サバ(100g)・・・20.9g

・卵(1個)・・・3.6g

となります。

 

思ったより多いですか?

それとも「え?これだけ?」と少なく感じている方もいると思います。

私も後者でした。。。

 

なので、簡単に言えば、肉や魚などの動物性たんぱく質を100g以上は摂り、

それに+して卵やヨーグルト、または豆腐や納豆などの植物性たんぱく質

うまく組み合わせることがおすすめです(^_-)-☆

 

野菜にもたんぱく質は含まれているので、

ブロッコリーやアスパラ、アボカドなどのたんぱく質含有量の多い野菜

チョイスするのも良いと思います!

 

また、ヨーグルトを選ぶ際も、

たんぱく質含有量の多いギリシャヨーグルトがおすすめです!

大体ヨーグルト(100g)のたんぱく質量が3~4gに対して、

ギリシャヨーグルト(100g)は約10g入っています!

私は食事だけではたんぱく質が足りないなという日に、

ギリシャヨーグルトやプロテインなどで補うようにしています!

 

皆さんも是非、「痩せる!」だけではなく、

「綺麗に痩せる!」ためにたんぱく質を意識してみてくださいね(^_^)/